コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青花紙 アオバナガミ

6件 の用語解説(青花紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あおばな‐がみ〔あをばな‐〕【青花紙】

ツユクサの花の青い絞り汁をしみこませた和紙。すぐ脱色できることから、友禅・描(か)き更紗(さらさ)・絞り染めなどの下絵描きに用いる。藍紙(あいがみ)。藍花紙。縹紙(はなだがみ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青花紙【あおばながみ】

藍(あい)紙,縹(はなだ)紙とも。ツユクサの花の絞り汁を典具帖(てんぐじょう)にしみ込ませたもの。この紙から浸出した青色の液で書いた模様は,水で洗い流せ布地に跡を残さないので,古くから友禅染の下絵をかくのに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

青花紙(あおばながみ)

滋賀県草津市で生産される和紙。青花はツユクサの別称で、この花の絞り汁を用いた染紙。青花の色は水に浸すと溶けて消えることから、古くから京都や加賀などの友禅の下絵用に用いられてきたが、現在では化学染料におされ生産は少ない。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あおばながみ【青花紙】

藍紙(あいがみ)ともいう。ツユクサの花の絞り汁を典具帖(てんぐじよう)(良質のコウゾ繊維を原料として薄くすいた和紙)にしみ込ませたもの。この紙から浸出した青色液で布地に描いた模様は,水で容易に除去されて跡を残さないため,古くから友禅染の下絵を描くのに使用されている。【柳橋 真】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおばながみ【青花紙】

青花をしみこませた和紙。水に浸して、染め物の下絵描きなどに用いる。藍紙あいがみ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青花紙
あおばながみ

ツユクサ科のオオボウシバナの花弁を砕いて、青色の汁を薄い和紙にしみ込ませ風干ししたもの。藍(あい)紙、紺紙ともよぶ。青色の色素はアントシアンで、この紙を水に浸すと簡単に色素が溶出する。友禅染の模様の下絵を描くのに使用され、下絵は水洗いにより洗い流すことができる。滋賀県草津市の特産でおもに美濃(みの)紙が用いられる。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青花紙の関連キーワード青花露草色縹色藍紙藍花移し花月草月草の露草ムラサキツユクサ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青花紙の関連情報