コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藐姑射 はこや Miǎo gū yè

1件 の用語解説(藐姑射の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はこや【藐姑射 Miǎo gū yè】

中国で,神仙の住む山の名。〈藐姑射〉とは〈藐(はるか)なる姑射山〉の意で,北海中にそびえるという。《荘子》逍遥遊篇によれば,この山には,肌は雪のように白く,肢体は処女のようにしなやかで,五穀を食わずに風や露を糧とし,雲に乗り竜にまたがって宇宙の間を自在に飛翔し,ひとたび精神を集中すれば,あらゆるものを疫病や災禍から救いあげられる神人が住むという。日本では転じて仙洞御所を別称する。【麦谷 邦夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藐姑射の関連キーワード神仙思想方士瀛州黄金の術玄圃姑射山神州神仙境藐姑射の山蓬莱

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone