コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藐姑射 はこやMiǎo gū yè

世界大百科事典 第2版の解説

はこや【藐姑射 Miǎo gū yè】

中国で,神仙の住む山の名。〈藐姑射〉とは〈藐(はるか)なる姑射山〉の意で,北海中にそびえるという。《荘子》逍遥遊篇によれば,この山には,肌は雪のように白く,肢体は処女のようにしなやかで,五穀を食わずに風や露を糧とし,雲に乗り竜にまたがって宇宙の間を自在に飛翔し,ひとたび精神を集中すれば,あらゆるものを疫病や災禍から救いあげられる神人が住むという。日本では転じて仙洞御所を別称する。【麦谷 邦夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

藐姑射の関連キーワードポルノグラフィー戸沢 正保不老不死太上天皇神仙思想戸沢正保院の御所黒沢翁満好色文学神仙説仙術射山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android