コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井種太郎 ふじい たねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井種太郎 ふじい-たねたろう

1870-1914 明治時代の国家主義者。
明治3年6月16日生まれ。18年玄洋社にはいり,20年頭山満(とうやま-みつる)が発刊した「福陵新報」の実務面をてつだう。日露戦争では満州義軍にくわわった。大正3年11月21日死去。45歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。慶応義塾卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井種太郎

没年:大正3.11.21(1914)
生年:明治3.6.16(1870.7.14)
明治期の右翼活動家。福岡県筑紫郡住吉村出身。明治18(1885)年玄洋社員,20年『福陵新報』入社。社長頭山満 の援助で慶応義塾に学ぶ。日露戦争(1904~05)時に満州義軍参加,辛亥革命(1911)時も頭山に随行して上海や南京に行き,袁世凱暗殺を策したりもした。

(上村希美雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤井種太郎の関連キーワード河村武道明治時代没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android