藤井種太郎(読み)ふじい たねたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井種太郎 ふじい-たねたろう

1870-1914 明治時代の国家主義者。
明治3年6月16日生まれ。18年玄洋社にはいり,20年頭山満(とうやま-みつる)が発刊した「福陵新報」の実務面をてつだう。日露戦争では満州義軍にくわわった。大正3年11月21日死去。45歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。慶応義塾卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井種太郎

没年:大正3.11.21(1914)
生年:明治3.6.16(1870.7.14)
明治期の右翼活動家。福岡県筑紫郡住吉村出身。明治18(1885)年玄洋社員,20年『福陵新報』入社。社長頭山満 の援助で慶応義塾に学ぶ。日露戦争(1904~05)時に満州義軍参加,辛亥革命(1911)時も頭山に随行して上海や南京に行き,袁世凱暗殺を策したりもした。

(上村希美雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android