コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井織之助 ふじい おりのすけ

2件 の用語解説(藤井織之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井織之助 ふじい-おりのすけ

1828*-1868 幕末の尊王家。
文政10年12月30日生まれ。大和(奈良県)十津川(とつがわ)郷士。桃井春蔵(しゅんぞう)門で武技をまなぶ。慶応3年高野山挙兵にくわわり,軍監兼旗下隊長となる。戊辰(ぼしん)戦争で長岡城攻撃中負傷し,慶応4年7月29日自害。42歳。本姓は千葉。名は成信。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井織之助

没年:明治1.7.29(1868.9.15)
生年:文政10(1828)
幕末の十津川郷士,尊攘派志士。剣を桃井春蔵に学ぶ。慶応3(1867)年12月,鷲尾隆聚に従って高野山に挙兵,翌年新政府軍の一員として長岡城攻撃に参軍,腹部に弾丸を受け,回復見込みなしとして自刃。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤井織之助の関連キーワード安積五郎柳東闇斎学派王家村岡局三奇人(寛政の三奇人)梅沢武平平田延胤深瀬繁理山県与市

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone