コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井織之助 ふじい おりのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井織之助 ふじい-おりのすけ

1828*-1868 幕末の尊王家。
文政10年12月30日生まれ。大和(奈良県)十津川(とつがわ)郷士桃井春蔵(しゅんぞう)門で武技をまなぶ。慶応3年高野山挙兵にくわわり,軍監兼旗下隊長となる。戊辰(ぼしん)戦争で長岡城攻撃中負傷し,慶応4年7月29日自害。42歳。本姓は千葉。名は成信。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井織之助

没年:明治1.7.29(1868.9.15)
生年文政10(1828)
幕末の十津川郷士,尊攘派志士。剣を桃井春蔵に学ぶ。慶応3(1867)年12月,鷲尾隆聚に従って高野山に挙兵,翌年新政府軍の一員として長岡城攻撃に参軍,腹部に弾丸を受け,回復見込みなしとして自刃

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤井織之助の関連キーワード没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android