藤井貞幹(読み)ふじいさだもと

  • ふじいていかん
  • 藤井貞幹 ふじい-ていかん

世界大百科事典 第2版の解説

1732‐97(享保17‐寛政9)
江戸中期の考証学者。京都の人。藤貞幹(とうていかん)とも。僧家に生まれ僧籍に入ったが,のち還俗。字は子冬,通称叔蔵。号は無仏斎,蒙斎,好古など。は藤原ともいわれる。儒学,国学,和歌雅楽書道篆刻,金石文などを学ぶ。考証を得意とし,最も有職故実学に精通する。壮年より宮中に奉仕し,有職故実家高橋宗直,裏松固禅らの業を助ける。《伊勢両大神宮儀式帳考註》《好古襍記》《古瓦譜》など著書多数にのぼる。また考古学的方法によって古代の文化を考察した著作《衝口発(しようこうはつ)》が国学者を刺激し,本居宣長が《鉗狂人(けんきようじん)》を著してこれに反駁したことは有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android