コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤貞幹 とう ていかん

7件 の用語解説(藤貞幹の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤貞幹

江戸後期の国学者。京都仏光寺中の僧家の子。名は好古、通称は叔蔵、字は子冬、号に無仏斎。考証に長じた。著書に『好古小録』『好古日録』『国朝書目』等がある。寛政9年(1797)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐ていかん【藤貞幹】

[1732~1797]江戸中期の考証学者。京都の人。姓は藤原または藤井という。号、無仏斎・好古。国学・有職故実を修め、特に古文書金石文に通じた。著「衝口発(しょうこうはつ)」「好古日録」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤貞幹 とう-ていかん

1732-1797 江戸時代中期-後期の考証学者。
享保(きょうほう)17年6月23日生まれ。京都の僧家の出身。18歳で還俗(げんぞく)。儒学,国学,有職(ゆうそく)故実に精通し,とくに各地の金石文,古文書などを実地に研究。「衝口発(しょうこうはつ)」「古瓦譜(こがふ)」などをあらわした。寛政9年8月19日死去。66歳。本姓は藤原(藤井は誤伝)。字(あざな)は子冬。通称は叔蔵。号は無仏斎,好古。

藤貞幹 とう-さだもと

とう-ていかん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤貞幹

没年:寛政9.8.19(1797.10.8)
生年:享保17.6.23(1732.8.13)
江戸中期の国学者。考古学の方面に活躍した。本姓,藤原。姓を藤井とするは誤伝。通称,叔蔵。号は無仏斎,亀石堂など。京都仏光寺久遠院権律師玄煕の妾腹の子。11歳で得度したが,18歳で還俗。和歌は日野資枝に,有職故事は高橋宗直に,書は持明院宗時に,儒学は後藤芝山,柴野栗山に学び,かたわら高芙蓉,韓天寿と親しく篆刻の技にも長じていた。日本の古代史に関心が深く,古文書,金石文,器物,書画の調査に各地を歩いた。裏松光世とも親しく,その『大内裏図考証』の著作に協力し,寛政内裏復旧再建にも力を尽くした。水戸藩の修史事業(『大日本史』の編纂)にもかかわった。学風は清朝考証学の影響を受けているが,史料の信憑性やその扱い方に問題があって,説得力に欠ける論も多い。なかには意図的な偽証かとも考えられるものがあり,同時代の国学者たちからの強い反発を招くことがあった。そのいい例が,天明1(1781)年に発表した『衝口発』で,素戔嗚尊を新羅の主であるとしたり,天武天皇を呉の泰伯の末裔としたり,仲哀天皇応神天皇との間に血筋の断絶を想定したりするなど,大胆な説を立てた。本居宣長の『鉗狂人』によって批判され,いわゆる唐心論争の発端となった。しかし,当時の学者が多く文献至上主義であったのに対して実地の調査に基づく記述は,方法論のうえで後世の史学研究に影響を与えた。ほかに『好古小録』『好古日録』などの著がある。<参考文献>吉沢義則『国語説鈴』,川瀬一馬藤原貞幹の業績』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうていかん【藤貞幹】

1732~1797) 江戸中・後期の考証学者。京都の生まれ。姓は藤原ともいう。号は無仏斎など。国学・有識故実に長じ、古文書・金石文を研究。著「衝口発しようこうはつ」「好古日録」など。 → 衝口発

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤貞幹
とうていかん

[生]享保17(1732).京都
[没]寛政9(1797).8.19.
江戸時代後期の考証学者,反復古神道家。姓は藤原とも藤井ともいう。字は子冬,号は無仏斎,好古,通称は叔蔵。 11歳で僧となったが,18歳のとき還俗し,諸国を遍歴。儒教を後藤芝山,柴野栗山に学び,有職故実に詳しく,考古学的研究の端緒をも開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤貞幹の言及

【藤井貞幹】より

…京都の人。藤貞幹(とうていかん)とも。僧家に生まれ僧籍に入ったが,のち還俗。…

※「藤貞幹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤貞幹の関連キーワード檜垣貞盈戒言加藤直蔭名倉安興山岡明阿弥チャイルド原田淑人古学小伝先史考古学折戸氏麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone