コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原一生 ふじわら かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原一生 ふじわら-かずお

1924-1994 昭和後期-平成時代の児童文学者。
大正13年5月1日生まれ。昭和34年南極の昭和基地にとりのこされた樺太犬(からふとけん)を題材にした「タロ・ジロは生きていた」を刊行。「南極物語」として映画化された。50年日本けん玉協会を設立し,段級制度をつくるなどけん玉の普及につくした。平成6年2月27日死去。69歳。東京出身。筆名は一生(いっせい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原一生の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門伊藤大輔清水宏クエンティン タランティーノ山本嘉次郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原一生の関連情報