樺太犬(読み)カラフトイヌ

百科事典マイペディアの解説

樺太犬【からふといぬ】

イヌの一品種。ハスキー,ライカなどの極地犬と系統が同じ。肩高60cmほどで毛は長い。サハリン(樺太),北海道北部などで飼われる。寒さに強く,耐乏性にすぐれ,そりを引かせるのに使う。南極探検の際,日本隊に用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

からふとけん【樺太犬】

樺太(サハリン)原産の大型犬。寒さに強く、雪の上での作業もこなせるため、そり犬として使われていた。昭和30年代、日本初の南極観測での輸送手段として犬ぞりが選ばれ、樺太犬が使われた。日本映画「南極物語」(1983年)に登場したタロジロの品種。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

からふといぬ【樺太犬】

原産地が樺太(サハリン)の(そり)犬。沿海州あたりから移ってきたオロッコギリヤーク,それにアイヌなどの原住民族が使っていた橇犬の子孫で,シベリアン・ハスキー,アラスカン・マラムートAlaskan malamute,エスキモー犬などと同じ北方系の犬種である。酷寒地の重労働に耐え,筋骨たくましく,強靱なイヌだけが伝えられたもので,系統繁殖された厳密な純粋種ではない。体格は秋田犬より小,北海道犬より大で,明確な規定はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

からふとけん【樺太犬】

樺太原産の大形犬。北方系の混血種で、寒気によく耐え強健。寒地でのそり引きなどに使う。カラフトイヌ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

からふと‐いぬ【樺太犬】

〘名〙 犬の一品種。肩高五五~七〇センチメートル、体重三五~四五キログラム。毛が一〇~一五センチメートルの長毛型から短毛型まであり、色も白、黒褐色、赤などがある。北極地方でそり引きに用いられた犬からの混血種で、寒さに強く、性質は温和。からふとけん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樺太犬の関連情報