樺太犬(読み)カラフトイヌ

  • ×樺太犬
  • からふとけん

百科事典マイペディアの解説

イヌの一品種。ハスキー,ライカなどの極地犬と系統が同じ。肩高60cmほどで毛は長い。サハリン(樺太),北海道北部などで飼われる。寒さに強く,耐乏性にすぐれ,そりを引かせるのに使う。南極探検の際,日本隊に用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

原産地が樺太(サハリン)の(そり)犬。沿海州あたりから移ってきたオロッコ,ギリヤーク,それにアイヌなどの原住民族が使っていた橇犬の子孫で,シベリアン・ハスキー,アラスカン・マラムートAlaskan malamute,エスキモー犬などと同じ北方系の犬種である。酷寒地の重労働に耐え,筋骨たくましく,強靱なイヌだけが伝えられたもので,系統繁殖された厳密な純粋種ではない。体格は秋田犬より小,北海道犬より大で,明確な規定はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

樺太原産の大形犬。北方系の混血種で、寒気によく耐え強健。寒地でのそり引きなどに使う。カラフトイヌ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 犬の一品種。肩高五五~七〇センチメートル、体重三五~四五キログラム。毛が一〇~一五センチメートルの長毛型から短毛型まであり、色も白、黒褐色、赤などがある。北極地方でそり引きに用いられた犬からの混血種で、寒さに強く、性質は温和。からふとけん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android