コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公成 ふじわらの きんなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原公成 ふじわらの-きんなり

999-1043 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
長保元年生まれ。藤原実成の長男。母は藤原陳政の娘。祖父公季(きんすえ)の養子となり,とりわけ愛されたという。万寿3年(1026)参議。従二位にすすみ,長久4年権(ごんの)中納言。同年6月24日死去。45歳。娘の茂子は白河天皇の生母。通称は滋野井別当。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原公成

没年:長久4.6.24(1043.8.1)
生年:長保1(999)
平安中期の公卿で歌人。幼名は犬といい,滋野井別当と称される。中納言実成と藤原陳政の娘の子。後一条天皇のときに蔵人頭を務め,万寿3(1026)年参議。祖父の太政大臣藤原公季の養子となって寵愛を受け,名前も祖父の命名である。頭中将になっても参内の折には祖父が同車し,公事に遅参したときなどには弓場殿の前で祖父が待っていた,という話が『大鏡』にみえる。長久4(1043)年に権中納言に昇進したが間もなく死去した。娘の茂子は後三条天皇の女御となり,院政の創始者白河天皇を生んでいる。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原公成の関連キーワード藤原公成タケカワユキヒデ熊本麻美松尾佳子高田淳萱翔悟小森隼なしお成銀河鉄道物語紀斉名

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone