コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公成 ふじわらの きんなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原公成 ふじわらの-きんなり

999-1043 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
長保元年生まれ。藤原実成の長男。母は藤原陳政の娘。祖父公季(きんすえ)の養子となり,とりわけ愛されたという。万寿3年(1026)参議。従二位にすすみ,長久4年権(ごんの)中納言。同年6月24日死去。45歳。娘の茂子白河天皇の生母。通称は滋野井別当。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原公成

没年:長久4.6.24(1043.8.1)
生年:長保1(999)
平安中期の公卿で歌人。幼名は犬といい,滋野井別当と称される。中納言実成と藤原陳政の娘の子。後一条天皇のときに蔵人頭を務め,万寿3(1026)年参議。祖父の太政大臣藤原公季の養子となって寵愛を受け,名前も祖父の命名である。頭中将になっても参内の折には祖父が同車し,公事に遅参したときなどには弓場殿の前で祖父が待っていた,という話が『大鏡』にみえる。長久4(1043)年に権中納言に昇進したが間もなく死去した。娘の茂子は後三条天皇女御となり,院政の創始者白河天皇を生んでいる。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原公成の関連キーワード小式部内侍藤原能信藤原茂子

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android