コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウ

デジタル大辞泉の解説

ろう〔ラウ〕【労】

心やからだを使ってそのことに努めること。また、そのための苦労・努力。ほねおり。「をねぎらう」
長年勤め上げて功労のあること。年功。
「勘解由判官の―六年」〈源順集詞書
経験を積んでそのことに巧みであること。熟練。
「おもむけ給へる気色いと―あり」〈藤袴
労咳(ろうがい)」の略。

ろう【労〔勞〕】[漢字項目]

[音]ロウ(ラウ)(呉)(漢) [訓]つかれる いたわる ねぎらう
学習漢字]4年
精を尽くして働く。骨折り。「労作労賃労働労務労力勤労功労就労徒労不労報労
精が尽きて疲れる。「労苦過労苦労心労辛労足労煩労疲労
ねぎらう。「慰労
「労働者」「労働組合」の略。「労使労農労連
(「撈(ろう)」の代用字)すなどる。「漁労
[名のり]つとむ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろう【労】

骨折り。体を使うこと。 「 -をいとわず働く」 「 -をねぎらう」
功績。手柄。働き。 「長年の-に報いる」
長年の経験。熟練。 「木工の君といふ人、-ある者にて/宇津保 藤原君
長い間使用したこと。 「すり平めかし-多きになりたるが/枕草子 二〇二・春曙抄

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【農具】より

…このような相対立する性格を有するがために,両者における農具の発達,そして機械化への歩みも異なる。農具の発達は農作業の労働能率を高めることになるが,それによって浮いた労働が,集約化してもあまり土地生産性の高まらない休閑農業では,経営を拡大する方向に用いられ,そのことが畜力その他の原動力を利用する機械の発達を促した。一方,中耕農業においては,もともと労働を集約化しなければ農業そのものが成立せず,また労働を集約化すれば土地生産力が格段に高まるから,経営を拡大するよりも,むしろ労働を集約化して人力を利用する道具の発達を促した。…

【耙労】より

…中国古来からの農具。耙は耕起した土を粗砕したり,地中の毛細管を地表面で切断するのに使用され,労は土を細砕し,鎮圧して毛細管をととのえるのに使用する。華北の農業は一般に雨水にたよっているため,地中の水分の可能な限りの利用が望ましい。…

※「労」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

労の関連キーワード全日自労建設農林一般労働組合全日本鉄道労働組合総連合会全日自労建設一般労働組合社会保険労務士(社労士)全日本自由労働組合建設一般全日自労社会保険労務士八幡製鉄所争議棚から牡丹餅労して功なし比志島義輝労う・犒う労咳・癆痎山内 謙吾労せずして労瘵気質労を取る建設一般犬馬の労超涯不次

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労の関連情報