コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原実成 ふじわらの さねなり

1件 の用語解説(藤原実成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実成 ふじわらの-さねなり

975-1044 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
天延3年生まれ。藤原公季(きんすえ)の子。母は有明親王の王女。寛弘(かんこう)5年(1008)参議。のち中納言,正二位にすすむ。大宰権帥(だざいのごんのそち)をかねて赴任したが,長暦(ちょうりゃく)2年(1038)安楽寺の訴えで除名され,翌年本位に復された。よく人の相をみたという。寛徳元年12月10日死去。70歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原実成の関連キーワードパガン朝寛徳ムイッズいわゆる債権法寛徳長久パガン朝パガン朝藤原生子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone