コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公衡 ふじわらの きんひら

1件 の用語解説(藤原公衡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原公衡 ふじわらの-きんひら

1158-1193 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
保元(ほうげん)3年生まれ。徳大寺公能(きんよし)の4男。文治(ぶんじ)5年従三位,左近衛(さこんえの)中将となる。藤原定家と親交があり,治承(じしょう)2年の別雷社歌合や文治2年の二見浦百首などに参加。歌は「千載和歌集」などの勅撰集に26首ある。家集に「三位中将公衡集」。建久4年2月21日死去。36歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原公衡の関連キーワード公顕(1)惟宗俊海定兼宅磨為久如来尼正恒(2)安田義資頼円(2)頼成

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone