外院(読み)ゲイン

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐いん グヮイヰン【外院】

〘名〙
① 斎宮寮の中にある舎人(とねり)などの詰所。げいん。
② 三重円の弓のの外側の円をいう。
※続日本紀‐慶雲三年(706)正月壬辰「定大射祿法。〈略〉一箭中外院布廿端、中院二十五端、内院三十端」

げ‐いん ‥ヰン【外院】

[1] 伊勢神宮の斎宮寮の三院の一つ。舎人、蔵部など斎宮寮職員の詰所。
※新任弁官抄(1158‐59頃)「外 萱葺屋五六十宇。屋躰如民屋
[2] 中心部の外側の領域。
※新任弁官抄(1158‐59頃)「外院有内院東北二方

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android