コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳大寺公能 とくだいじ きんよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺公能 とくだいじ-きんよし

1115-1161 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
永久3年生まれ。父は徳大寺(藤原)実能(さねよし)。母は葉室顕隆(あきたか)の娘。永暦(えいりゃく)元年右大臣となり,大炊御門(おおいみかどの)右大臣とよばれた。正二位。かつて同家につかえていた西行(さいぎょう)や,義兄の藤原俊成(としなり)と歌の道で親交があった。歌は「詞花和歌集」などにある。永暦2年8月11日死去。47歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

徳大寺公能の関連キーワード藤原時房(1)藤原忻子(1)徳大寺実定惇子内親王藤原実家藤原公保藤原公能藤原多子藤原公衡坊門殿実全

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android