コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼行 ふじわらの かねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼行 ふじわらの-かねゆき

1254-? 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建長6年生まれ。後深草院,伏見院につかえ,永仁(えいにん)5年民部卿となり正安(しょうあん)元年従二位にすすむ。嘉元(かげん)2年(1304)出家。歌は「新後撰和歌集」「玉葉和歌集」などの勅撰集に18首あるほか,家集に「兼行集」がある。法名は兼蓮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原兼行の関連キーワード鎌倉時代歌人公卿