コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原吉次 ふじわらの よしつぐ

2件 の用語解説(藤原吉次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよしつぐ【藤原吉次】

(1)中世末から近世初期に京都で活躍した浄瑠璃太夫。生没年未詳。監物(けんもつ)とも称し,1613年(慶長18)河内介を受領した。《雍州府志》によると,文禄年中(1592‐96)より,次郎兵衛(上総介)とともに摂津の西宮の傀儡(くぐつ)師と提携して浄瑠璃操りを興行したと伝え,河内介が浄瑠璃太夫の受領の最初といわれる。正本は伝存しないようである。(2)近世初期の京都の浄瑠璃太夫,操り師。生没年未詳。左内太夫とも称し,若狭目(さかん)を受領して,若狭掾,若狭守とも称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の藤原吉次の言及

【浄瑠璃】より

… 京都では最も早く浄瑠璃の発生をみた。1613年(慶長18)1月藤原吉次(監物(けんもつ))が河内目(掾)(かわちのさかん)を受領(浄瑠璃太夫口宣案ほか)したのが,浄瑠璃太夫受領の初めである。次郎兵衛も上総介(掾)を受領し,寛永(1624‐44)ころ四条河原で操り興行を行った。…

※「藤原吉次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原吉次の関連キーワード組町古金襴さします町人捌き鉛銭石火矢切銀小歌踊名物切ややこ踊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone