コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原吉次 ふじわらの よしつぐ

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよしつぐ【藤原吉次】

(1)中世末から近世初期に京都で活躍した浄瑠璃太夫。生没年未詳。監物(けんもつ)とも称し,1613年(慶長18)河内介を受領した。《雍州府志》によると,文禄年中(1592‐96)より,次郎兵衛(上総介)とともに摂津の西宮の傀儡(くぐつ)師と提携して浄瑠璃操りを興行したと伝え,河内介が浄瑠璃太夫の受領の最初といわれる。正本は伝存しないようである。(2)近世初期の京都の浄瑠璃太夫,操り師。生没年未詳。左内太夫とも称し,若狭目(さかん)を受領して,若狭掾,若狭守とも称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の藤原吉次の言及

【浄瑠璃】より

… 京都では最も早く浄瑠璃の発生をみた。1613年(慶長18)1月藤原吉次(監物(けんもつ))が河内目(掾)(かわちのさかん)を受領(浄瑠璃太夫口宣案ほか)したのが,浄瑠璃太夫受領の初めである。次郎兵衛も上総介(掾)を受領し,寛永(1624‐44)ころ四条河原で操り興行を行った。…

※「藤原吉次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原吉次の関連キーワード河内掾吉次山本土佐掾若狭守吉次

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android