コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原季縄 ふじわらの すえただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原季縄 ふじわらの-すえただ

?-919 平安時代中期の官吏。
左中弁藤原千乗の子。従五位上,右近衛(うこんえの)少将鷹狩りの名手で,交野(かたのの)少将とよばれた。源公忠(きんただ)におくった辞世の歌が「新古今和歌集」にはいっている。歌人の右近は娘(または妹)。延喜(えんぎ)19年3月死去。名は「すえなわ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原季縄の関連キーワードザクセン朝ハインリヒ[1世]ハインリヒハインリヒ1世ザクセン朝労働審判紀淑望ザクセン州太宰府天満宮ハインリヒ

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android