コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源公忠 みなもとの きんただ

2件 の用語解説(源公忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源公忠 みなもとの-きんただ

889-948 平安時代中期の官吏,歌人。
寛平(かんぴょう)元年生まれ。源国紀(くにのり)の次男。従四位下,右大弁。滋野井弁とよばれる。三十六歌仙ひとりで,勅撰集には「後撰和歌集」以下に21首はいっている。香の調合,鷹狩りの名手。天暦(てんりゃく)2年10月28日死去。60歳。家集に「公忠集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源公忠

没年:天暦2.10.28,29(948.12.1,2)
生年:寛平1(889)
平安時代の歌人。三十六歌仙のひとり。光孝天皇の孫。大蔵卿国紀の子。醍醐・朱雀両天皇の蔵人,近江守などを経て従四位下,右大弁に至る。宮廷歌人として活躍し,賀歌,屏風歌などを多く詠進した。また,歌道のみならず香合,放鷹の名手としても知られる。家集に『公忠集』があり,『後撰集』以下の勅撰集に21首入集。承平3(933)年醍醐天皇の皇女康子内親王の御着裳の折に詠んだ屏風歌「ゆきやらで山路くらしつほととぎすいま一声の聞かまほしさに」(『拾遺集』)は,のちに能因により郭公の秀歌五首のひとつに挙げられたという(『袋草紙』)。

(浅見緑)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源公忠の関連キーワード馬内侍歌仙小大君三十六歌仙絵巻在原棟梁上東門院中将菅原輔昭増基(1)藤原元真源国紀

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone