コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原宇比良古 ふじわらの うひらこ

2件 の用語解説(藤原宇比良古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原宇比良古 ふじわらの-うひらこ

?-762 奈良時代の女官。
北家藤原房前(ふささき)の娘。従兄藤原仲麻呂の妻となり,正三位,尚蔵(くらのかみ)兼尚侍(ないしのかみ)という後宮の最高位につき,夫の政権をささえた。天平宝字(てんぴょうほうじ)6年6月23日死去。名は袁比良(おひら),袁比良女(売)(め)とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原宇比良古

没年:天平宝字6.6.23(762.7.18)
生年:生年不詳
8世紀中ごろの女官。藤原仲麻呂の妻。父は藤原房前(北家の祖)。袁比良,袁比良売(女)とも。藤原氏の娘として,従父兄に当たる仲麻呂の台頭を支えた。訓儒麻呂,執弓,真従,児従を生む。天平勝宝1(749)年大仏建立の功により正五位下となり,その後も官位を上げ,天平宝字4(760)年の孝謙天皇の仲麻呂第行幸に際し正三位。また同年12月の勅でそれまで男性官人の半分だった封戸,位田,資人が尚蔵,尚侍には全給となり,尚蔵兼尚侍という女官の重要職にあった宇比良古は,経済的な力もあわせ持っていたものと思われる。その死は仲麻呂政権衰退に影響したともいわれる。<参考文献>角田文衛「藤原袁比良」(『律令国家の展開』)

(児島恭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原宇比良古の関連キーワード礼部省藤原石津藤原小湯麻呂藤原辛加知藤原児従藤原薩雄藤原執棹藤原百能藤原刷雄矢田部老

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone