コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多賀城碑 タガジョウヒ

3件 の用語解説(多賀城碑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たがじょう‐ひ〔たがジヤウ‐〕【多賀城碑】

多賀城跡にある石碑。高さ1.8メートル余。碑面には、蝦夷(えぞ)常陸(ひたち)下野(しもつけ)靺鞨(まっかつ)の国境から多賀城までの距離、多賀城の建置および修造の由来が刻まれ、天平宝字6年(762)12月1日の日付がある。壺(つぼ)の碑(いしぶみ)。古代の三碑の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たがじょうひ【多賀城碑】

宮城県多賀城市市川の特別史跡多賀城跡内の小高い丘にある碑。〈壺の碑(つぼのいしぶみ)〉ともいう。多賀城は,古代における陸奥国の国府のあったところで,奈良時代には鎮守府もあわせ置かれた。碑は高さ約2m,幅90cmほどで,覆堂(おおいどう)の中にある。碑の内容は大きく三つに分けられ,はじめに多賀城から京,蝦夷(えみし)国,下野国(栃木県),常陸国(茨城県),靺鞨(まつかつ)国(中国の東北部)までのそれぞれの里程が書かれ,次に多賀城が724年(神亀1)大野東人(あずまひと)によって造られ,さらに762年(天平宝字6)藤原朝獦(あさかり)の手によって修理されたことが記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多賀城碑
たがじょうひ

762年(天平宝字6)に多賀城の修造を記念して建てられた碑。日本三古碑の一つ。宮城県多賀城市市川の多賀城跡の外郭南門を入った地点に西面して立つ。高さ247センチメートル、幅104センチメートル、厚さ73センチメートルで、下端50センチメートルほどが土中に埋まる。砂岩の自然石の一面を平滑に加工して、頭部に「西」の大きな字、その下に長方形の枠の中に11行に140字を刻む。碑文の内容は、前半に平城京、蝦夷(えみし)国界、常陸国界、下野(しもつけ)国界、靺鞨(まっかつ)国界からのそれぞれの里程を記して多賀城の位置を示し、後半に724年(神亀1)に大野東人(おおののあづまひと)が創建し、762年に藤原恵美朝(えみのあさかり)が修造したという多賀城の沿革を記し、末尾に建碑した天平宝字6年12月1日の日付を刻む。この碑は1658年(万治1)以前に発見され、当初から平安時代末の歌枕「壺(つぼ)の碑(いしぶみ)」に当てられてきたが、これは誤りである。明治・大正年間以来、里程、国号、官位などの内容、碑形、文字の彫り方、書風などの諸点から、江戸時代に捏造されたという偽作説が有力視されてきたが、発掘調査によって明らかになった多賀城の変遷と沿革の記載の合致や、碑の再検討から偽作説の根拠が有効でないことが明らかになり、現在では762年建立の真物と考えられている。碑の発掘調査によって、碑が最初からほぼ現在地に立っていて、一度倒れて17世紀前半に再び立て直されたことが明らかになった。この地点は多賀城の外郭南門を入り、その南門から政庁南門に至る道路のすぐ東で、この道路に対して西面して立っていたのであり、記念碑を建てるのに好適な場所であった。現在碑は1875年(明治8)建造の宝形造(ほうぎょうづくり)の覆屋(おおいや)に収められているが、最初の覆屋は1694年(元禄7)から遠くない時期に設けられた。1998年(平成10)6月に国重要文化財に指定。史料に多賀城の沿革は詳しく記されず、多賀城の4時期変遷の第1期が724年、第2期が762年であることを明らかにする本碑は多賀城研究の上で重要である。[今泉隆雄]
『安倍辰夫・平川南著『多賀城碑』増補版(1999・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の多賀城碑の言及

【多賀城】より

…その遺跡は,宮城県多賀城市市川,浮島の地にある。江戸時代から,日本三古碑の一つ多賀城碑が存在することや,瓦が多数出土することからこの地が多賀城の跡であることが知られていた。
[沿革]
 多賀城の創建は,六国史等に明示されていない。…

※「多賀城碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多賀城碑の関連キーワード多賀城市多賀城御多賀杓子末の松山多賀杓子野田の玉川壺の碑国の特別史跡工藤雅樹東北電機製造

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多賀城碑の関連情報