コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原定国 ふじわらの さだくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定国 ふじわらの-さだくに

867-906 平安時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
貞観(じょうがん)9年生まれ。藤原高藤(たかふじ)の長男。母は宮道(みやじの)列子昌泰(しょうたい)2年(899)参議ついで中納言,従三位。延喜(えんぎ)2年大納言となる。右近衛(うこんえの)大将,春宮大夫(とうぐうのだいぶ)などをかねた。泉大将とよばれる。延喜6年7月3日死去。40歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原定国の関連キーワード藤原和香子凡河内躬恒壬生忠岑素性法師貞観公卿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android