藤原定長(1)(読み)ふじわらの さだなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定長(1) ふじわらの-さだなが

1149-1195 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安5年生まれ。藤原光房の子。母は藤原為忠の娘。文治(ぶんじ)5年(1189)参議となり,造東大寺長官,左大弁などをかねる。正三位にいたる。後白河上皇近臣で,兄経房,光長とともに実務官僚として活躍した。建久6年11月11日死去。47歳。日記に「山丞(さんじょう)記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android