コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原定長(1) ふじわらの さだなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原定長(1) ふじわらの-さだなが

1149-1195 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久安5年生まれ。藤原光房の子。母は藤原為忠の娘。文治(ぶんじ)5年(1189)参議となり,造東大寺長官,左大弁などをかねる。正三位にいたる。後白河上皇近臣で,兄経房,光長とともに実務官僚として活躍した。建久6年11月11日死去。47歳。日記に「山丞(さんじょう)記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原定長(1)の関連キーワード鎌倉時代公卿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android