コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レリダ レリダLérida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レリダ
Lérida

スペイン北東部,カタルニャ州,レリダ県県都バルセロナの西約 150km,セグレ川沿岸に位置する。ローマ時代からの町で,8世紀にムーア人に占領され,1149年キリスト教徒が奪回した。 13世紀に大学が創建されたが,スペイン継承戦争ののちセルベラに移転した。城塞 (1149) ,ムーア風の混ったビザンチンゴシック様式の旧大聖堂 (1278) ,14世紀の聖ロレンソ聖堂や 18世紀の新大聖堂などがある。商業中心地であり,川の左岸には新市街が広がる。人口 11万 1880 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レリダ【Lérida】

スペイン,カタルニャ地方の同名県の県都。人口10万6814(1981)。県内の農産物集散地で,イベリア半島中央から北東部,さらにフランスへと続く交通の要所。市街のかたわらを流れるセグレ川が防壁の役割を果たし,古来から軍事戦略上の拠点とされてきた。前49年にカエサル司令部を設置している。西ゴート時代に司教座都市であったが,イスラム教徒によって征服され,1149年,ラモン・ベレンゲール4世によって再征服された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レリダ
れりだ
Lrida

スペイン北東部、カタルーニャ地方レリダ県の県都。人口11万2199(2001)。カタルーニャ語ではイェイダLlidaという。セグレ川右岸の標高222メートルに位置する。1149年以来、司教座所在都市。ローマ起源の古い町で、フランスへ抜ける交通上、軍事上の要地にあり、長く要塞(ようさい)都市としての性格を有していた。1831年の人口は1万2500にすぎなかったが、19世紀以来、周辺地域で近代的灌漑(かんがい)設備が整えられ、野菜や果物の集約的生産が行われるようになり、その中心地として発展した。現在はセグレ川との間の比高60メートル、四段にわたる河岸段丘上に豊かな耕地が開け、養鶏、養豚も行われ、それらの農産物の集散地、商業および行政の中心地となっている。旧市街には曲がりくねった道、大寺院や教会などの史跡が残る。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のレリダの言及

【ラモン・ベレンゲール[4世]】より

…さらに44年以降はプロバンス侯国の支配権も握って先代以来のカタルニャとのきずなを一段と固めた。他方,アラゴンとの連合で強化された軍事力を生かしてトルトサとレリダの2イスラム教国を征服,53年までにはエブロ川河口を確保する形でカタルニャの国土回復戦争(レコンキスタ)を完了した。【小林 一宏】。…

※「レリダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レリダの関連キーワードE. グラナドス・イ・カンピーニャラモン・ベレンゲール[4世]ラモン・ベレンゲール[3世]カタルーニャ自治州(西)ラモン・ベレンゲル4世ハイメ2世(公正王)カルレス プジョルカタルニャ自治州イレルダの戦いレバント美術ラミロ1世グラナドスコグールアンドラスペインリバルタアネト山ウルヘルソレル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android