コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原山陰 ふじわらのやまかげ

1件 の用語解説(藤原山陰の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原山陰

没年:仁和4.2.4(888.3.20)
生年:天長1(824)
平安前期の公卿。高房と参議真夏の娘の子。山蔭とも。美濃守,備前守などを経て仁和2(886)年中納言,翌年民部卿を兼任。吉田神社(京都市左京区)は貞観年間(859~877)山陰が春日社,大原野社を勧請して氏神としたものといい,摂津国の総持寺(茨木市)もその発願と伝える。大宰府の長官として下向の途次,愛児が船中から継母に海に突き落とされたが,以前山陰に助けられた亀に救われたという逸話をはじめ,『今昔物語集『平家物語』などには山陰にまつわる伝説の類が数多く収められている。初めて包丁を製し,光孝天皇の命により料理式を定めたという伝承も有名で,その関係から料理包丁道の四条流の祖とされている。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原山陰の関連キーワード高倉嗣章岡崎国栄真夏藤原高房藤原俊通藤原真夏藤原山蔭源湛源師時藤原長房

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone