コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原師氏 ふじわらの もろうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原師氏 ふじわらの-もろうじ

913-970 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
延喜(えんぎ)13年生まれ。藤原忠平の4男。母は源能有(よしあり)の娘。天慶(てんぎょう)7年(944)参議。のち正三位にすすみ,天禄(てんろく)元年大納言。官位昇進はおそく,兄弟の師輔,師尹(もろただ)にくらべて不遇だった。娘婿に多武峰(とうのみね)少将藤原高光。天禄元年7月14日死去。58歳。号は桃園,枇杷(びわ)。家集に「海人手古良(あまのてこら)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原師氏の関連キーワード多武峯少将物語靖子内親王中務

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android