コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原師氏 ふじわらの もろうじ

1件 の用語解説(藤原師氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原師氏 ふじわらの-もろうじ

913-970 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
延喜(えんぎ)13年生まれ。藤原忠平の4男。母は源能有(よしあり)の娘。天慶(てんぎょう)7年(944)参議。のち正三位にすすみ,天禄(てんろく)元年大納言。官位昇進はおそく,兄弟の師輔,師尹(もろただ)にくらべて不遇だった。娘婿に多武峰(とうのみね)少将藤原高光。天禄元年7月14日死去。58歳。号は桃園,枇杷(びわ)。家集に「海人手古良(あまのてこら)集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原師氏の関連キーワードシメオン[1世]ブルガリア帝国天禄日本十進分類法(NDC)保育所の民営化源満仲カッセル新撰万葉集恬子内親王源光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone