藤原常行(読み)ふじわらの つねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原常行 ふじわらの-つねゆき

836-875 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)3年生まれ。北家藤原良相(よしみ)の子。母は大江乙枝の娘。貞観(じょうがん)6年(864)参議。14年大納言,のち正三位。西三条右大将とよばれた。「今昔物語集」に常行百鬼夜行にであった説話がある。貞観17年2月17日死去。40歳。贈従二位。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android