コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原忠清 ふじわらのただきよ

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原忠清

没年:文治1.5.16(1185.6.15)
生年:生年不詳
平安末期の武将。平氏の家人。景綱の子。別名忠景。伊藤五とも称す。伊勢を本拠とする平氏累代の家人の家に生まれ,保元の乱に参戦。治承3(1179)年政変後には従五位下上総介に任ぜられた。また坂東8カ国の侍を奉行したとされ,翌年の源頼朝挙兵の際,大庭景親に指示を下している。富士川の戦には副将として参戦,平氏の不利を察知して総大将の平維盛に退却を勧めた。平清盛の死後出家,平氏都落ちには同道せず京に留まったが,元暦1(1184)年,平田家継らの蜂起に参加,翌年志摩で捕らえられ京で斬首された。一族と共に平氏軍制の中核を占めた家人であった。<参考文献>角田文衛『平家後抄』,西村隆「平氏家人表」(『日本史論叢』10輯)

(元木泰雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原忠清の関連キーワード藤原景綱上総広常藤原忠光藤原景家角田文衛源義朝平景清

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android