コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原教家 ふじわらの のりいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原教家 ふじわらの-のりいえ

1194-1255 鎌倉時代の公卿(くぎょう),漢詩人。
建久5年生まれ。九条良経(よしつね)の子。正二位,権(ごんの)大納言。中宮大夫(ちゅうぐうのだいぶ),春宮(とうぐうの)大夫などを歴任し,嘉禄(かろく)元年出家。詩が「和漢兼作集」に,歌が「続(しょく)古今和歌集」にある。建長7年4月28日死去。62歳。法名は慈観。編著に「教家摘句」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原教家の関連キーワード鎌倉時代道元

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android