コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原為隆 ふじわらの ためたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原為隆 ふじわらの-ためたか

1070-1130 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
延久2年生まれ。藤原為房の長男。母は源頼国の娘。保安(ほうあん)3年(1122)蔵人頭(くろうどのとう),同年参議となる。左大弁をかね,従三位にいたる。日記「永昌記」は白河院政期の政務,行事などの史料として貴重。大治(だいじ)5年9月8日死去。61歳。号は坊城

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原為隆の言及

【永昌記】より

…参議左大弁藤原為隆の日記。10巻。…

※「藤原為隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原為隆の関連キーワード藤原隆信顕真公卿

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android