コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永昌記 えいしょうき

2件 の用語解説(永昌記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいしょうき【永昌記】

参議左大弁藤原為隆の日記。10巻。書名は,為隆の居住した四条坊門の別称永昌坊に由来し《為隆卿記》とも,また彼の極官参議の唐名宰相にちなんで《宰記(さいき)》ともいう。1105年(長治2)より29年(大治4)の間の日録であり,ほかに若干の逸文が伝わるが,欠けた部分が多い。内容は宮廷の行事が中心で,同時代の《中右記》や《長秋記》の内容を補う独自の記事もまま見られる勧修寺家蔵書中に,平安時代末期の古写本6巻を存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永昌記
えいしょうき

平安後期の公家(くげ)参議藤原為隆(ためたか)の日記。『為隆卿記(ためたかきょうき)』とも、また参議の唐名から『宰相記(さいしょうき)』『宰記』ともいう。『永昌記』の呼称は、為隆の居所が京都左京四条の永昌坊にあったことによる。1105年(長治2)~29年(大治4)分が現存。ただし欠脱が多く、残存状態はよくない。父為房(ためふさ)の日記『為房卿記』とともに、朝廷の儀式、行事、政務を知るうえで貴重な史料である。『史料大成』所収。[飯田悠紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永昌記の関連キーワード甘露寺勝長葉室頼寿十六夜日記台記左大弁新千載和歌集たまきはる看聞日記藤原定長(1)藤原為隆

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone