藤原範永(読み)ふじわらの のりなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原範永 ふじわらの-のりなが

?-? 平安時代中期の官吏,歌人。
長和5年(1016)蔵人(くろうど)となる。阿波(あわ),摂津などの国守歴任,正四位下にいたる。和歌六人党のひとりで,藤原頼通歌壇で活躍した。歌は「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に30首がはいる。延久2年(1070)ごろ出家,津入道と号した。家集に「範永朝臣(あそん)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原範永

生年:生没年不詳
平安時代歌人長和5(1016)年,蔵人。のちに藤原公任に絶賛された「みる人もなき山里の秋の夜は月の光もさびしかりけり」という歌は若年のころの作らしい。治安3(1023)年東宮(のちの後朱雀天皇)少進に任ぜられ,のち受領を歴任。延久2(1070)年ごろ出家。後朱雀天皇やその母上東門院への敬慕の念は深く,天皇の没後,院周辺の女房に「いにしへを恋ふる寝ざめやまさるらんききもならはぬ峰の嵐に」という歌を贈っている。また「和歌六人党」と呼ばれる受領層歌人たちと親しく交わり,指導的立場にあったらしい。藤原頼通をめぐる歌人たちの後期の中心人物のひとりであり,能因,相模,橘俊綱など多くの歌人たちと交遊を持った。

(安隨直子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android