コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原顕信 ふじわらの あきのぶ

2件 の用語解説(藤原顕信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕信 ふじわらの-あきのぶ

994-1027 平安時代中期の官吏。
正暦(しょうりゃく)5年生まれ。藤原道長の3男。母は源明子。19歳,右馬頭(かみ)のとき,行円(革聖(かわひじり))をたずねて剃髪(ていはつ)。そのまま比叡山(ひえいざん)無動寺にはいって出家し,両親をなげかせた。万寿4年5月14日死去。34歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原顕信

没年:万寿4.5.14(1027.6.20)
生年:正暦5(994)
平安中期の貴族。幼名は苔君。法名は一説には長禅(『今鏡』)。藤原道長と明子(左大臣源高明 の娘)の子。11歳で兄と共に元服,叙爵され,翌年には侍従となり昇殿を許された。舞が上手で賀茂神社,大原野神社,石清水八幡宮,春日社などにおいて披露することも多かった。このように父のもとで輝かしいスタートを切ったが何を思ったか,19歳のとき従四位上右馬頭の地位をすてて親にも告げずに一条革堂に行円(皮聖)を訪ねて剃髪し,その足で叡山の無動寺に登り,慶命僧都を戒師として出家した。両親の悲嘆は大きく,道長は子息や卿相らと登山して出家姿の顕信に会い,僧都に後事を託し,近江守藤原知章をして寺中に住房の造作を命じている。無動寺で死去。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原顕信の関連キーワード林幽篤徳力善水不住齋扶桑集曽禰好忠一来小野俊生金剛右京(1)土佐光純土方雄端

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone