コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原妍子 ふじわらのけんし

3件 の用語解説(藤原妍子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原妍子
ふじわらのけんし

[生]正暦5(994)
[没]万寿4(1027).9.14.
三条天皇の皇后。道長の娘。母は源倫子。寛弘8 (1011) 年天皇即位により,娍子 (せいし) とともに女御となり,翌年中宮となった。同年 娍子も皇后となったため,一帝に二后が並立する形となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原妍子 ふじわらの-けんし

994-1027 平安時代中期,三条天皇の中宮(ちゅうぐう)。
正暦(しょうりゃく)5年生まれ。藤原道長の次女。母は源倫子。寛弘(かんこう)7年(1010)東宮にはいり,8年天皇即位で女御(にょうご),9年中宮となる。のち皇太后。枇杷(びわ)皇太后とよばれる。禎子内親王(陽明門院)を生んだ。万寿4年9月14日死去。34歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原妍子

没年:万寿4.9.14(1027.10.16)
生年:正暦5(994)
平安中期,三条天皇の中宮。枇杷殿皇太后と称される。藤原道長と源倫子の娘。寛弘1(1004)年尚侍,次いで従三位に叙せられる。同7年,従二位に進み,東宮居貞親王(三条天皇)に入る。翌8年,親王の即位に伴って女御となり,長和1(1012)年には中宮に立った。翌2年に禎子内親王(陽明門院)を出産したが,天皇の外戚として摂関の地位を確保しようと図る父道長は,女子の誕生に不快の色を露にしたという。寛仁2(1018)年,皇太后となる。万寿4(1027)年には,禎子内親王を東宮敦良親王(後朱雀天皇)に入れるも,病に倒れ,死に臨んで出家,34歳の生涯を閉じた。三条天皇は在位4年余で譲位し,彼女自身,親王を生むことはなかったが,大饗など折節の行事の際,仕える女房たちの華やかな装束で評判を集めていたことが,『栄花物語』などから知られる。

(西村さとみ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原妍子の関連キーワード芙照皇太后三条天皇東三条院藤原威子贈皇太后篤子内親王高松院藤原寛子(3)藤原遵子陽明門院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone