コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂平助 とうどう へいすけ

2件 の用語解説(藤堂平助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂平助 とうどう-へいすけ

1844-1867 幕末の武士。
弘化(こうか)元年生まれ。千葉周作北辰一刀流をまなぶ。新選組が創設されると副長助勤,八番隊組長。慶応3年伊東甲子太郎(きねたろう)とともに脱隊,御陵衛士となる。同年11月18日近藤勇により伊東が謀殺された際,現場へかけつけ新選組とたたかい討ち死に。24歳。伊勢(いせ)津藩主藤堂高猷(たかゆき)の落胤とも。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤堂平助

没年:慶応3.11.18(1867.12.13)
生年:弘化1(1844)
幕末維新期の新選組八番隊隊長,のちに御陵衛士。名は宜虎。藤堂高猷の落胤と永倉新八遺稿「同志連名記」にあるが確証はない。文久3(1863)年清河八郎らと上洛したときの最年少者で,芹沢鴨,近藤勇らと京都に残留した新選組草創期の一員。元治1年6月5日(1864年7月8日)の池田屋騒動で奮戦し,20両の褒賞金を受ける。同年近藤の江戸下りに随行し,伊東甲子太郎を勧誘。その伊東と共に,慶応3(1867)年3月10日御陵衛士となって新選組を分離,東山の月真院に移る。七条油小路で首領の伊東が殺され,その亡骸を引き取りに出かけた際,新選組の要撃にあって討死。

(釣洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤堂平助の関連キーワード子母沢寛新撰組芹沢鴨土方歳三沖田総司中村彰彦NHK大河ドラマ永倉新八宮地正人結城無二三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤堂平助の関連情報