コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島常興 ふじしま つねおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤島常興 ふじしま-つねおき

1828-1898 幕末-明治時代の技術者。
文政11年生まれ。家は金工師。江戸,長崎で鋳砲技術などを修得し,慶応2年長門(ながと)(山口県)府中藩士となる。維新後,工部省につとめる。明治6年ウィーン万国博覧会に測量器を出品して有功賞。同地で測量器,羅針盤の製造技術をまなぶ。メートル条約加盟のとき「日本尺原器」を製作。明治31年1月7日死去。71歳。通称は瀬左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤島常興の関連キーワード下村観山明治時代技術者幕末

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android