コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島常興 ふじしま つねおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤島常興 ふじしま-つねおき

1828-1898 幕末-明治時代の技術者。
文政11年生まれ。家は金工師。江戸,長崎で鋳砲技術などを修得し,慶応2年長門(ながと)(山口県)府中藩士となる。維新後,工部省につとめる。明治6年ウィーン万国博覧会に測量器を出品して有功賞。同地で測量器,羅針盤の製造技術をまなぶ。メートル条約加盟のとき「日本尺原器」を製作。明治31年1月7日死去。71歳。通称は瀬左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤島常興の関連キーワード下村観山明治時代技術者幕末

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android