藤崎重左衛門(読み)ふじさき じゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤崎重左衛門 ふじさき-じゅうざえもん

1782-1852 江戸時代後期の捕鯨家。
天明2年生まれ。天保(てんぽう)10年亀谷卯右衛門(かめたに-うえもん)らとともに金8000両を対馬(つしま)(長崎県)府中藩に献上して士籍にあげられた。嘉永(かえい)5年1月2日死去。71歳。名は可納。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android