コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間生大 とうま せいた

1件 の用語解説(藤間生大の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤間生大 とうま-せいた

1913- 昭和-平成時代の日本史学者。
大正2年5月16日生まれ。マルクス主義の立場で研究をおこない,昭和21年「日本古代国家」を発表。民主主義科学者協会の書記局などにつとめたのち,46年熊本商大教授。専攻は日本古代史,東アジア史。広島県出身。早大卒。著作に「埋もれた金印」「近代東アジア世界の形成」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤間生大の関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone