藪下 泰司(読み)ヤブシタ タイジ

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期のアニメーション演出家 東京デザイナー学院顧問教授;元・東映動画取締役。



生年
明治36(1903)年2月1日

没年
昭和61(1986)年7月15日

出生地
大阪府大東市寺川町

本名
藪下 泰次

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)写真科〔大正14年〕卒

主な受賞名〔年〕
ベネチア国際児童映画祭サン・マルコ獅子賞〔昭和34年〕「白蛇伝」,教育映画功労章〔昭和42年〕

経歴
大正14年松竹蒲田撮影所入社。現像部で増谷麟についてフィルム多色処理を研究。昭和2年文部省嘱託。戦後、22年日本動画(のちの東映動画)に入社、31年取締役、42年日本アートフィルム代表取締役、43年日本動画代表取締役に就任する傍ら、自ら演出も行う。33年には日本初の長編漫画映画「白蛇伝」を制作するなど日本のアニメーション界の草分けとなる。また後進の指導も精力的に行い、日本アニメ界の土台を作った。他の作品に「こねこのらくがき」(32年)「西遊記」(35年)「ひょっこりひょうたん島」(42年)や、アニメ史のアンソロジーフィルム「漫画誕生―漫画映画発達史・戦前編」(45年)「アニメ新画帳―漫画映画発達史・戦後編」(47年)。著書に「映画の創造」「アニメ原論」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

フロッピーディスク

プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、それをジャケットに収めた記憶媒体。ディスケットとも呼ぶ。初期は5.25インチ、8インチなどの大きさのものもあったが、1980年にソニーが開発した3.5インチのもの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android