藪内 節庵(読み)ヤブノウチ セツアン

20世紀日本人名事典の解説

藪内 節庵
ヤブノウチ セツアン

明治〜昭和期の茶道家 藪内流宗匠;随竹庵4代。



生年
慶応4年1月17日(1868年)

没年
昭和15(1940)年9月20日

出生地
京都

本名
藪内 乙弥(ヤブノウチ オトヤ)

別名
字=宗延,別号=竹友,市隠斎,無用,紹逸

経歴
藪内流9代家元・竹露紹智の二男に生まれ、のち10代家元竹翠紹智の養子となる。養父に学んで鑑識に秀れる一方、茶室、造園にも才能を発揮。東京・三田の三井倶楽部庭園を4年がかりで完成させ、三井箱根別邸や大磯別邸への茶室如庵の移建などに関与した。また明治41年に大阪で発足させた篠園会(じょうえんかい)は毎月例会を持って30年以上も続き、野村得庵、村山玄庵、上野有竹などの数寄者が輩出、近代の数寄茶道の興隆に大きく貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android