コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆辺踊(り) アシベオドリ

デジタル大辞泉の解説

あしべ‐おどり〔‐をどり〕【×蘆辺踊(り)】

大阪難波新地(南地)の芸妓(げいぎ)の舞踊会。毎年4月ごろに行われる。明治15年(1882)創始。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蘆辺踊【あしべおどり】

大阪南地の芸妓の踊り。京都祇園の都をどりなどの好況にならって1882年に始められ毎年4月に行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしべおどり【蘆辺踊】

花街舞踊。1888年大阪南地演舞場の落成記念として第1回〈あしべ踊〉が催された。平瀬翁,宇田文海,生田南水食満南北などが作詞に当たり,1937年戦争で中絶するまで大阪名物として続いた。50年大阪四遊廓合同の〈大阪をどり〉として戦後復活したが,第4回から南地の単独公演となった。大阪の花街舞踊は他に〈北陽浪花踊〉〈新町浪花踊〉〈堀江この花踊〉などがあり妍を競ったが,その中で〈あしべ踊〉が最後まで残った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報