蘆野屋麻績一(読み)あしのや おみいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「蘆野屋麻績一」の解説

蘆野屋麻績一 あしのや-おみいち

1803-1855 江戸時代後期の国学者,医師。
享和3年生まれ。幼時に失明して鍼(はり)医となり,検校(けんぎょう)。岸本由豆流(ゆずる)に国学,和歌をまなび,「源氏物語」に精通した。著作に幕府に献じた海防策「野芹(のぜり)」などがある。安政2年10月2日の大地震で死去。53歳。江戸出身。号は東洋(津)堂,阿斯能舎(あしのや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android