コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘞芋 エグイモ

デジタル大辞泉の解説

えぐ‐いも〔ゑぐ‐〕【×蘞芋】

サトイモの一品種。子芋を多くつける。塊茎葉柄(ようへい)ともに味がえぐいが、貯蔵して軟化すれば、えぐみがなくなる。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えぐいも【蘞芋】

サトイモの一品種。えぐ味が強い。貯蔵性に富み、春、もやしにして葉柄を食用とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蘞芋 (エグイモ・エゴイモ)

植物。サトイモ科の多年草,園芸植物,薬用植物。サトイモの別称

蘞芋 (エグイモ・エゴイモ)

植物。ヤマノイモ科の多年生つる植物,園芸植物,薬用植物。ヤマノイモの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の蘞芋の言及

【サトイモ(里芋)】より

…品種はいものつき方などから数型に分類されている。すなわち,(1)子いもが多くでき,親いもから容易に離れ,子・孫いもが収穫対象とされるもの(土垂,石川早生,蘞芋(えぐいも)),(2)子いもはやや多く,親いもと密生して分離し難く,親いもはよく肥大し主収穫対象となるもの(唐芋,八頭),(3)子いもは少なく,おもに親いもを収穫対象とするもの(赤芽,海老芋(えびいも)),(4)もっぱら葉柄を食用として収穫するもの(蓮芋(はすいも)。植物分類上からはサトイモとは別種であるが,農業上はサトイモに含める)。…

※「蘞芋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘞芋の関連キーワードようへいもやし葉柄食用