蘭奢亭薫(読み)らんじゃてい かおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「蘭奢亭薫」の解説

蘭奢亭薫 らんじゃてい-かおる

1769-1824 江戸時代後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
明和6年生まれ。たばこ屋の主人。狂歌を蜀山人(しょくさんじん)(大田南畝(なんぽ))にまなび,「狂歌烟草百首」をあらわす。また洒落本(しゃれぼん)に「祇園祭烑灯蔵(ぎおんまつりちょうちんぐら)」などがある。文政7年4月26日死去。56歳。通称は三河屋弥平次。別号に橘香保留,奇南楼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android