蘭奢亭薫(読み)らんじゃてい かおる

  • 蘭奢亭薫 らんじゃてい-かおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1769-1824 江戸時代後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
明和6年生まれ。たばこ屋の主人。狂歌を蜀山人(しょくさんじん)(大田南畝(なんぽ))にまなび,「狂歌烟草百首」をあらわす。また洒落本(しゃれぼん)に「祇園祭烑灯蔵(ぎおんまつりちょうちんぐら)」などがある。文政7年4月26日死去。56歳。通称は三河屋弥平次。別号に橘香保留,奇南楼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android