コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀山人 しょくさんじん

美術人名辞典の解説

蜀山人

江戸中期・後期の狂歌人、戯作者大田氏。南畝は号。遠桜山人他あり。安永年間橘洲、菅江と共に天明調狂歌を主唱し其名大に著はる。文政6年(1823)歿、七五才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蜀山人【しょくさんじん】

大田南畝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

蜀山人(しょくさんじん)

古典落語の演目のひとつ。「太田直次郎」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜀山人
しょくさんじん

大田南畝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜀山人
しょくさんじん
(1749―1823)

江戸後期の文人、狂歌師。本名大田直次郎、号は南畝(なんぽ)、杏花園(きょうかえん)、四方赤良(よものあから)など。蜀山人は晩年の号。幕臣で、漢学者を志して松崎観海に学び、18歳のとき『明詩擢材(みんしてきざい)』の著があるが、戯れにつくった狂詩が平賀源内に認められて、翌1767年(明和4)に『寝惚(ねぼけ)先生文集』が出版され、たちまち狂詩の第一人者として名声を得、おりから江戸文芸勃興(ぼっこう)の機運にのって多方面の活動をすることになる。まず狂歌は内山賀邸同門の友人唐衣橘洲(からころもきっしゅう)に誘われて四方赤良の狂名をつけて参加し、天性の機知と諧謔(かいぎゃく)の才を発揮して江戸狂歌流行の素地をつくった。一方75年(安永4)から洒落本(しゃれぼん)に筆をとって『甲駅新話』『深川新話』『変通軽井茶話(へんつうかるいざわ)』などの佳作数編を残し、81年(天明1)からは黄表紙(きびょうし)の批評を試み、また作をもして、文壇に指導的な地位を占めた。とくに83年その撰(せん)になる『万載(まんざい)狂歌集』の出版とともに狂歌の爆発的流行がおこり、いわゆる天明(てんめい)調の快活で機知的な歌風が赤良を中心に形成された。しかし政変が起こり文武奨励政治の始まったころ、それを風刺する落首をつくったと疑われたため狂歌を廃し、文芸界と絶縁した。そして幕府の小吏のかたわら漢学の塾を開いて数年過ごしたのち、学問吟味を受けて首席となり、96年(寛政8)支配勘定に昇進し、能吏ぶりを発揮して大坂や長崎にも各1年勤務した。
 大坂在任中、事情を知らないで狂歌を請う人には、蜀山人という仮号で書き与えたが、1804年(文化1)ころには幕政の緊張も解けて、彼は文壇の圏外の権威者、また江戸の代表的文人とみられ、蜀山人の名が喧伝(けんでん)された。晩年には『蜀山百首』の狂歌、狂文、漢詩、随筆などが出版されて、江戸の文化に大きな影響を残した。文政(ぶんせい)6年4月6日没。墓は東京都文京区白山の本念寺に現存。[浜田義一郎]
 春がすみたちくたびれてむさし野のはら一ぱいにのばす日のあし
 ひとつとりふたつとりては焼いてくふ鶉(うづら)なくなる深草のさと
『『蜀山人全集』全6巻(1979・日本図書センター) ▽浜田義一郎著『大田南畝』(1963・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蜀山人の言及

【大田南畝】より

…本名覃,通称直次郎,七左衛門。号は蜀山人,寝惚(ねぼけ)先生,四方赤良(よものあから),巴人亭,杏花園,山手馬鹿人,風鈴山人その他。江戸牛込生れの幕臣。…

※「蜀山人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蜀山人の関連キーワード浅草庵市人(あさくさあんいちんど)文々舎蟹子丸(初代)烏亭焉馬(初代)茶臼山人蕪坊小野川喜三郎采女(2)鹿都部真顔西南宮鶏馬山陽堂山陽大田 南岳沢山人沢山阿北斎雀翁澤山人澤山文宝亭文宝四方赤良鈴木芙蓉北越雪譜鈴木牧之川口お直古典落語

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android