虎渓良乳(読み)こけい りょうにゅう

  • 虎渓良乳 こけい-りょうにゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1353-1422 南北朝-室町時代の僧。
文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年4月8日生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)黒石(岩手県)正法寺の月泉良印の法をつぐ。陸奥峠(岩手県)大祥寺をひらき,師を開山(かいさん)にまねき,自身は2世となった。応永13年正法寺住持。応永29年11月13日死去。70歳。陸奥江刺郡(岩手県)出身。俗姓は首。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android