コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚構 キョコウ

デジタル大辞泉の解説

きょ‐こう【虚構】

事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。
文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。仮構。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょこう【虚構】

事実でないことを事実らしく作り上げること。また、作り上げられたもの。作りごと。
文芸作品を書くにあたって、作者の想像力により、実際にはないことを現実にあったことのように真実味をもたせて書くこと。また、その作品。仮構。フィクション。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の虚構の言及

【フィクション】より

…本来,虚構とかつくりごとを意味するが,英語では小説作品をも指す。小説はもともと娯楽用,あるいは教戒用のつくり話であった。…

※「虚構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虚構の関連情報