虚構(読み)きょこう

精選版 日本国語大辞典「虚構」の解説

きょ‐こう【虚構】

〘名〙
事実でないことを、本当のことのように仕組むこと。つくりごと。いつわり。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「彼等は羅織虚を以て良民を罪に陥れる事さへあるさうだ」 〔後漢書‐范滂伝〕
② 文学などで、想像力によって、現実の事柄のように物語や劇を仕組むこと。つくりばなし。フィクション
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「其記載せる物語はもとより全く事実にあらねどまた虚構(キョカウ)ともいひがたかり」
③ 現実を模して作ったもの。つくりもの。
抱擁(1973)〈瀬戸内晴美〉三「撮影用の虚構の建物のように見えてくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「虚構」の解説

きょ‐こう【虚構】

事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。
文芸作品などで、作者の想像力によって、人物出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。仮構
[類語]フィクション作り事創作物語はなし叙事ストーリーお話作り話説話小説口碑こうひ伝え話昔話民話伝説言い伝え

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の虚構の言及

【フィクション】より

…本来,虚構とかつくりごとを意味するが,英語では小説作品をも指す。小説はもともと娯楽用,あるいは教戒用のつくり話であった。…

※「虚構」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android