蚩尤旗(読み)しゆうき

  • しゆうき シイウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 彗星の一種。ほうき星の尾の先が曲がって旗のように見えるものをいう。古代中国では、世が乱れ、天子が四方を征伐する前兆とされた。→蚩尤
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「天有赤気、長一丈余、形如雞尾〈略〉謂之蚩尤旗兵之象也」 〔史記‐天官書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android