蚩尤旗(読み)しゆうき

精選版 日本国語大辞典「蚩尤旗」の解説

しゆう‐き シイウ‥【蚩尤旗】

〘名〙 彗星の一種。ほうき星の尾の先が曲がってのように見えるものをいう。古代中国では、世が乱れ、天子四方を征伐する前兆とされた。→蚩尤
聖徳太子伝暦(917頃か)下「天有赤気、長一丈余、形如雞尾〉謂之蚩尤旗兵之象也」 〔史記‐天官書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android