蚩尤(読み)しゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)「蚩尤」の解説

蚩尤
しゆう

中国の古代神話に登場する神。『山海経(せんがいきょう)』によると、蚩尤は風の神や雨の神を従えて冀州(きしゅう)の野で黄帝(こうてい)と戦ったが、黄帝が下した日照りの神によって撃ち破られたという。一方『史記』では、徳の高い黄帝に刃向かってれた暴虐な諸侯の一人とされている。このように戦争と深いかかわりをもつ蚩尤は、初めて武器を製造した功績者ともされ、斉(せい)の国(山東半島)では古くから軍神として祭祀(さいし)の対象とされていた。毎年10月に人々が蚩尤の墓とよばれるものを祀(まつ)ると、赤い気(うんき)が現れて空にたなびいたという。人々はそれを「蚩尤旗」とよんだが、これは古代中国におけるオーロラの記録としても貴重な意味をもつ。なお軍神としての蚩尤の信仰は、兵主神として古代の日本にも伝えられ、崇拝された。

[桐本東太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「蚩尤」の解説

蚩尤【しゆう】

中国神話の戦闘神。斉国(現在の山東省)の神とされ,銅頭鉄額,人身牛蹄。黄帝と【たく】鹿(たくろく)の野で戦い,大風雨を起こしたが,黄帝は魃(ばつ)(ひでりの神)の助けで蚩尤を誅殺(ちゅうさつ)したという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「蚩尤」の解説

しゆう〔シイウ〕【蚩尤】

中国の伝説上の人物黄帝と戦い、濃霧を起こして苦しめたが、指南車を作って方位を測定した黄帝に涿鹿たくろくで敗れたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「蚩尤」の解説

しゆう シイウ【蚩尤】

中国古代の伝説上の人物。黄帝時代の諸侯の一人。好戦的で、黄帝と戦って死んだとされるが、諸説あって明らかでない。→蚩尤旗

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「蚩尤」の解説

しゆう【蚩尤 Chī yóu】

中国の神話にみえる英雄神。《書経》呂刑(りよけい)や《山海経(せんがいきよう)》大荒東経に,黄帝と涿鹿(たくろく)の野に戦って,敗死したとされる。《逸周書》嘗麦解に,蚩尤は赤帝に命ぜられて少昊(しようこう)におり,四方に臨み百工を治めたとあり,もと山東方面に君臨した神であろう。その風は蚩尤風,その祭りには絳(あか)い雲があらわれて蚩尤旗,その楽を蚩尤戯という。軍神として恐れられ,そのを示せば,天下兵乱が収まったと伝えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「蚩尤」の解説

【蚩尤】しゆう(いう)

神話上、九黎族長として、黄帝と鹿(たくろく)の野に戦って敗れたという。のち軍神とされた。〔癸巳存稿、蚩尤〕異記に云ふ、冀州に蚩尤り。人身牛、四目六手なりと。

字通「蚩」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の蚩尤の言及

【中国神話】より

…殷の祖神王亥(おうがい)は,北方の有易(ゆうえき)(有狄(ゆうてき))に身を寄せて殺され,その子上甲微が河伯の力を借りてこれを滅ぼした。この方面には,軍神とされる蚩尤(しゆう)の説話も伝えられ,また夏と抗争した羿(げい)の話もある。この羿は,殷の十日説話とかかわりをもっている。…

※「蚩尤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android