蛇皮(読み)じゃひ

精選版 日本国語大辞典「蛇皮」の解説

じゃ‐ひ【蛇皮】

〘名〙 (「じゃび」とも)
ヘビ表皮。〔塵芥(1510‐50頃)〕
評判記・色道大鏡(1678)七「三味線のおこりは、永祿年中に、琉球よりをわたす。其時は(ジャヒ)にてはりて」 〔顔氏家訓名実
皮膚病の一つ。皮膚がはげ落ちるもの。ヘビののようにまだらになるところからいう。〔病名彙解(1686)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「蛇皮」の解説

【蛇皮】だひ

蛇の脱皮した皮。〔顔氏家訓、名実〕夫(そ)れ滅し形ゆれば、聲餘價も、亦た殼(せんかく)蛇皮、獸(じうかう)(獣の足迹)のごときのみ。

字通「蛇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「蛇皮」の解説

じゃ‐び【蛇皮】

《「じゃひ」とも》
蛇の表皮。
蛇皮線」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android