コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチナワ

デジタル大辞泉の解説

くち‐なわ〔‐なは〕【蛇】

《形が朽ちた縄に似ているところから》ヘビの別名。 夏》

じゃ【蛇】

大きなヘビの総称。おろち。うわばみ。「鬼が住むかが住むか」
《「蛇之助」の略》大酒飲み。酒豪。
「どちらへ似ても―の子孫」〈浄・淀鯉

じゃ【蛇】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジャ(呉) (慣) [訓]へび くちなわ
〈ジャ〉
へび。「蛇身大蛇毒蛇
へびの形に似たもの。「蛇口(じゃぐち)蛇腹(じゃばら)
〈ダ〉へび。「蛇蝎(だかつ)蛇行蛇足長蛇竜頭蛇尾
〈へび〉「海蛇毒蛇錦蛇(にしきへび)
[難読]蟒蛇(うわばみ)大蛇(おろち)赤楝蛇(やまかがし)

だ【蛇】[漢字項目]

じゃ

へび【蛇】

《「へみ」の音変化》有(ゆうりん)目ヘビ亜目の爬虫(はちゅう)類総称。体は円筒形で細長く、四肢を欠く。全身うろこにおおわれ、腹部のうろこを起伏させながら体をくねらせて進む。舌は先が二つに分かれ、空気の振動やにおい、温度差を感じ取る。目は1枚の膜に覆われ、まぶたは固着していて動かない。卵生または卵胎生。カエル・ネズミ・小鳥や鳥の卵を捕り、丸飲みする。アオダイショウなど無毒のもの、マムシハブなど有毒のものがある。南極を除く各大陸に広く分布するが、熱帯・亜熱帯に多い。一般に、執念深いなどとして人に嫌われるが、神の使いなどともされる。くちなわ。ながむし。かがち。 夏》「―逃げて我を見し眼の草に残る/虚子

へみ【蛇】

へび(蛇)」に同じ。
「四つの―五つの鬼(もの)の集まれる穢(きたな)き身をば」〈仏足石歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちなわ【蛇】

〔一説に形が朽ち縄に似るところから〕
ヘビの異名。 [季] 夏。

じゃ【蛇】

へび。おろち。うわばみ。 「鬼が出るか-が出るか」
大酒飲み。蛇之助じやのすけ。 「どちらへ似ても-の子孫/浄瑠璃・淀鯉

へび【蛇】

有鱗目ヘビ亜目の爬虫類の総称。体は細長い円柱形。体長は約10センチメートルから10メートルに及ぶ種までさまざま。四肢を欠き、体をくねらせながら前進する。全身が鱗うろこでおおわれ、表皮が古くなると脱皮する。聴覚はないが、震動やにおいには敏感。卵生または卵胎生。舌は細く、先端が二本に分かれる。小動物を捕食し、鳥の卵も食べる。牙きばから毒を出す種がある。ほとんどが温・熱帯に分布し、温帯にすむ種は冬眠する。蛙を好むといわれ、また、執念深いなどと嫌われる。古くから人間に恐れられてきた反面、神の使いや大地の主として崇められ、神話・伝説・怪奇物語などに登場する。世界に約2700種が知られる。ナガムシ。古名、くちなわ。かがち。 [季] 夏。 《 -逃げて我を見し眼の草に残る /虚子 》

へみ【蛇】

へび。 「四つの-五つの鬼ものの集まれるきたなき身をば厭いとひ捨つべし離れ捨つべし/仏足石歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蛇 (ヘビ)

動物。ヘビ類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【能面】より

…ほかに阿形では天神,黒髭(くろひげ),顰(しかみ),獅子口など,吽形では熊坂(くまさか)がある。能面の鬼類では女性に属する蛇や般若,橋姫,山姥(やまんば)などのあることが特筆される。(3)は年齢や霊的な表現の濃淡で区別される。…

※「蛇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛇の関連キーワード蛙は口ゆえ蛇に呑まるる蛇は一寸にして人を呑む藪をつついて蛇を出すレプタイルバッグスランガステーン蛇に見込まれた蛙パーセルマウスユランルキリセ蛇に睨まれた蛙底倉[温泉]ユランル教会バジリスクうわばみ長蛇の列蛇神憑き永良部鰻蛇婿入り蛇心仏口藪から棒スネーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛇の関連情報